Nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

ヤドリギの実

冬の時期にしか見られないもの

葉の落ちた木に寄生しているヤドリギ

この地に来てから、こんなにきれいなヤドリギがあることを初めて知ったのです。

葉のある時期にはヤドリギの存在は見えません。

今の時期になるとヤドリギの美しさに気づきます。

 

f:id:hanarian:20181222145924j:plain

 八ヶ岳とスモモの木

 

 

 


清塚信也 - 「春よ、来い」(Fantasy on Ice 2018使用曲)

 

昨日で今年の婦人会の仕事が終わりホッとしたので

久々にピアノ曲を載せてみます。

今期羽生選手のエキシビジョンの曲

清塚さんのピアノ、音の広がりがすごいですね

清塚信也さん!って「のだめ」のドラマで実際に弾いていた方だったのですね!

今年はまだピアノの練習をしていないので

またいろいろ曲を聴いて刺激を受け練習したいと思います。

 

 

f:id:hanarian:20181222150110j:plain

ホザキヤドリギ(穂咲寄生木)

半寄生落葉小低木

分布 本州中部地方以北、朝鮮半島、中国

ミズナラ、ブナ、ハンノキ、シラカバ、クリなどの落葉広葉樹に寄生する

 

上の写真は野生のスモモの木に寄生しています。

 

 

f:id:hanarian:20181222150218j:plain

まるで黄色の真珠、珊瑚、ミモザのような

不思議な形をしています。

レンジャクが来ると全部食べられてしまいます。

レンジャクはいったいどこの国からやってくるのでしょう❓

 

f:id:hanarian:20181222150359j:plain

裏山の我が家の墓地には古い百年以上のミズナラケヤキの木があります。

3種類のヤドリギが寄生しています。

 

 

f:id:hanarian:20181222150444j:plain

 レンジャクが来てヤドリギを増やしてくれているようです。

 

f:id:hanarian:20181222150533j:plain

ヤドリギ(寄生木、宿木)

半寄生常緑小低木

別名 ホヤ、トビズタ

分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国

エノキ、ケヤキ、ブナ、ミズナラ、シラカバ、サクラなど落葉広葉樹に寄生する。

 

上の写真はミズナラに寄生しているアカミヤドリ

 

 

f:id:hanarian:20181222151536j:plain

ヨーロッパでは白い実のセイヨウヤドリギが縁起の良い木として

大事にされているようです。

 

花言葉

困難に打ち克つ、克服、忍耐、キスしてください

 

若い人にはドキッとするような花言葉ありますね!

50代のおばさんには響きません(;^ω^)

 

ヤドリギの葉と茎は煎じて飲めば薬用になるようです。

腰痛や産後に、降圧作用、利尿作用、抗菌作用など

がん細胞を死滅させることも書いてありました。

薬用効果はセイヨウヤドリギと書いてあったのですが

日本のヤドリギにもきっとパワーがあるはず、研究されていないだけかも。

 

 

f:id:hanarian:20181222151619j:plain

ヤドリギが寄生すると

木が弱り枯れていきます。

キツツキなどがよく来ます。 

 

 

f:id:hanarian:20181222151720j:plain

こんなに枯れてくると

台風の後には倒れます。

枯れ木は伐採しないと危ない状態です。

 

 

f:id:hanarian:20181222151923j:plain

 ヤマガラが来ました!

 

 

f:id:hanarian:20181222151812j:plain

 八ヶ岳は白く美しくなりました!

 

 

きのうこの冬初めて林の中でチョウを見ました。

テングチョウ、暖かさで冬眠から目覚めたかな

f:id:hanarian:20181222212529j:plain

 

 

 

 

 

 

🎄冬の清里萌木の村ナチュラルガーデン

 

先日少しの時間見ることができました。

冬はどうなっているのかな?

 f:id:hanarian:20181222152159j:plain

 

 トナカイさんの行列だ(^O^)

 

f:id:hanarian:20181222152257j:plain

初夏に白いハマナスとゲラニュウムが咲いていた場所

ハマナスの実が残してあります。

 

白いハマナスの名前お店の方から聞いてメモしてありました。

「ブラン ドゥブルドゥ クベール」

山梨コマツガーデンさんのハイブリット・ルゴサということです。

 

石垣の前のバラの枝の誘因は

こんな感じにしてあったのね!

f:id:hanarian:20181222152333j:plain

 

 

シベリアアイリスの咲いていた木陰には

クリスマスローズが植え込みしてあった

 

そして全部の花壇にバークたい肥が敷かれています。

寒さ除けにもなるし

雑草対策、肥料にもなります。

これだけの広い花壇に敷くとかなりの量です。

 

我が家の花壇にも敷いてあげたい

けれどバークたい肥っていくらするのかな?

 

できることなら自分で落ち葉を積んで作りたい 

できれば自然の落ち葉のマルチングが理想です。 

 

f:id:hanarian:20181222152407j:plain

 

今回のブログ今年最後のブログになると思います。

 

年末はのんびり過ごしたいと思います。

 

今年ブログを読んでくださった方々ありがとうございました。

 

来年もマイペースでぼちぼち更新で行きます。

 

良いクリスマスをお迎えください。

 

そして良いお年をお迎えください。

 

なお喪中につき新年のご挨拶はご遠慮いたします。