nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

宿根アスターに来るチョウ達

マイガーデンは宿根アスターが花盛り

色々なチョウやハチ達が舞ってにぎやかです。

 

f:id:hanarian:20180925190843j:plain

ルリシジミかなと思って撮った写真

ゴマシジミにも見えたのですが

図鑑をよく見るとヤマトシジミでした!

ゴマシジミだったら良かったのに

 

f:id:hanarian:20180925191658j:plain

最近西洋ミツバチの姿が見えません

このハチは色が黒っぽい!

二ホンミツバチではないかと思うのです。

本当に二ホンミツバチだったらうれしいです。

 

f:id:hanarian:20180925192738j:plainかわいいスジボソヤマキチョウもまだいます。

 

f:id:hanarian:20180925192924j:plain

キタテハもたくさんいます。

 

f:id:hanarian:20180925193007j:plain

ベニシジミかわいいです。

 

f:id:hanarian:20180925195220j:plain

これは母からもらった白いクジャクアスター

モンシロチョウがよく止まっています。

 

私の花好きは母から遺伝しました。

母もいろいろな花を育てていました。

私の花好きが娘になぜ遺伝しないのか不思議です。

娘達は全く花に興味を持たないのです!悲しいです。

 

f:id:hanarian:20180925193308j:plain

私の庭には栗の木もあります。

買って植えた丹波栗です、今年は実が生りました!

 

f:id:hanarian:20180925193233j:plain

栗の実大好き!

これは山の栗

とても甘味があってホクホクして美味しいです。

山の栗の味を知ると、買った栗はまずくて食べられません。

農作業の合間に隙があれば栗の実を拾います。

 

 

紅葉状況

こちらでは紅葉が始まっています。

f:id:hanarian:20180925193347j:plain

いち早く黄色に色づいたのは

ハリギリの木

なぜかこの1本だけ色付きが早い

f:id:hanarian:20180925193419j:plain

カラマツを伐採した斜面では最初は桜の紅葉から始まります。

 

 

レタスはスーパー出しの契約は終わったけれど

まだ1ヘクタールぐらいあります。

白菜の出荷も始まっているので、ますます仕事に追われ

なかなか自然を楽しんだり、庭の手入れをしたりする時間が作れなくて悲しいです。

いつになったら、ゆったり好きな事して暮らせるかな!

もう体が疲れすぎてしんどいです。

 

f:id:hanarian:20180925200150j:plain

公民館の花壇

ブルーの宿根アスターが咲いて目立ちます。

ルドベキアの後ろに茎が目立っているのはベロニカではなく

もしかしてセイタカアワダチソウではないかと思えてきました。困ります。

 

ペチュニアは雨が降り続くと花が咲かなくなるけれど

百日草は雨が続いても明るく咲き続けてくれてうれしいです。

 

彼岸入りで

毎日近所の方達がちらほらとおじいさんを拝みに来てくれます。

お茶出ししなくてはいけないので気が抜けません。

お葬式から、初七日、新盆、四十九日、新彼岸と近所の方々が何回も拝みにきてくれました。これでやっと終わります。葬式の後のお付き合いの大変な村です。

あとは来年の一周忌までおじいさんの法事はないので、少しは落ち着けるかな。