nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

畑の脇はお花畑

 

畑の脇の野草の花咲く斜面は春にほとんど刈られてしまいましたが

みごと!野草花咲く斜面が復活してました。

日本はなんて自然豊かな国なのでしょう。

草を刈っても木を切ってもすぐに復活するのです。

f:id:hanarian:20180721190337j:plain

クサフジ復活して花が咲きヒメシジミが集まっていました。f:id:hanarian:20180721190417j:plain

チダケサシにもヒメシジミが

f:id:hanarian:20180721190450j:plain

カラマツソウが咲き

f:id:hanarian:20180721190603j:plain

チダケサシが群生

f:id:hanarian:20180721190659j:plain

背の高い大きな花シシウド目立ちます。

f:id:hanarian:20180721190740j:plain

アップすると花火のようで素敵

f:id:hanarian:20180721190837j:plain

ヤブジラミの花もかわいい線香花火

f:id:hanarian:20180721190938j:plain

低木を刈った斜面には今まで見えなかったノアザミが見えるようになった

キアゲハが吸蜜中

f:id:hanarian:20180721191021j:plain

オカトラノオにはスジボソヤマキチョウ

f:id:hanarian:20180721191115j:plain

山を切り崩した斜面には

ヤナギランやカラマツソウやヒヨドリバナなどが群生

f:id:hanarian:20180721191204j:plain

カラマツを伐採した斜面には雑木が復活し

低木の花ノリウツギや山アジサイバイカウツギなどが群生

 

我が村の山は木を伐採したり草を刈り込んだりしても

いろいろな花が咲いてくる自然豊かな山なのです。

こんな環境で働いていることに感謝しなくては

畑仕事はこの花達に会えると思うと楽しくなるのです。

 

f:id:hanarian:20180721191311j:plain

今日初めて見るチョウ

ウツギの木に止まっていたのは

コムラサキのメス、食草ヤナギ科

 

 

 

我が家の庭のチョウ達

f:id:hanarian:20180721191402j:plain

我が家の庭にウラギンヒョウモン、食草スミレ科

チョウ達はムシトリナデシコが大好きな様子

この花は自生していて勝手にあちこち生えてきます。

f:id:hanarian:20180721191507j:plain

我が家のアナベルにスジボソヤマキチョウ

同系色で似合っています。

f:id:hanarian:20180721191726j:plain

アナベルには最近コマルハナバチがよく潜っている

アナベルの本当の花は装飾花の中にあるので

ハナバチが潜る姿がかわいい

f:id:hanarian:20180721191616j:plain

足に花粉玉を作っている

 

 

f:id:hanarian:20180721191825j:plain

毎日こんな景色の中で畑作業しています。

上の写真は全く関係のない方達です。

手前の花は我が家の畑の端っこに植えた花壇の残りの花。

キンギョソウが見事です。

 

高原も連日30℃前後の猛暑が続いています。

炎天下の作業はつらく息苦しくなってきます。

けれど風が涼しいのでやはり高原の夏は過ごしやすいです。

 

レタス今まで生育が良く勢いよく収穫が続いていましたが

とうとう暑さでレタスが高温障害が出てきました。

腐ったり不結球が出てきました。

明日から朝が少しゆっくりになりました。