nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

ナチュラルガーデン目指して

先日再び清里のポールスミザーさんのナチュラルガーデンに行きました。

前回行った時よりさらに成長して花が進んだように感じました。

f:id:hanarian:20180612195040j:plain

これは日陰の植え込み

いろいろな色の葉を使って美しい!

f:id:hanarian:20180612195703j:plain

フウロソウのジョンズブルーとビオコボますます綺麗になって

奥に植えてある白いハマナス?が映えます。

f:id:hanarian:20180612200343j:plain

ジョンソンズブルーにマルハナバチがいました!

f:id:hanarian:20180612195917j:plain

白いハマナスのファンになってしまいました。

f:id:hanarian:20180612200211j:plain

リシマキアが株元に植えてあったのは白いアヤメだった。

f:id:hanarian:20180612200453j:plain

チョウの好きなアザミも植えてあります。

f:id:hanarian:20180612201348j:plain

 石垣の前の紫の花目立ってきれいです!なんの花でしょう

サルビアの仲間かな?

f:id:hanarian:20180612201625j:plain

 石垣の前のアレンジはなぜか味が出て雰囲気がいい

 

スミザーさんのように山土を使い無肥料無農薬でガーデン作れたら最高なのです。

株元に雑草対策と肥料の代わりにバーク堆肥を敷き詰めているだけなのです。

 

 

 

マイガーデン

f:id:hanarian:20180612202003j:plain

ここは私の草だらけの農業用育苗ハウスの前の第二ガーデン

なかなかスミザーさんのようにできません。

宿根草一年草、果樹、山菜とコーナーを分けています。

6月までは少しはガーデンらしく見えますが

7月以降は忙しくて草ジャングルになります。

f:id:hanarian:20180612211452j:plain

四分の一はルピナスとオックスアイデージーに占領されてしまった。

ルピナスはニュージランドの種と自生種との混合

間に宿根アスター類が植えこんであるので夏から秋はアスターのお花畑に変わります。

f:id:hanarian:20180612203500j:plain

f:id:hanarian:20180612204329j:plain

どんどんルピナスが増えていく

草だらけの草原です。

こちら側にはキキョウやワレモコウやマツムシソウなど

草原の花のイメージ

ここは石ころだらけの乾燥した場所なので

ハマナス系のバラが向いているかも

なぜもっと早く気がつかなかったのでしょう

 

f:id:hanarian:20180612205530j:plain

マイガーデンはもともと草藪だったので

いろいろなチョウがいます。

フタスジチョウがブドウの葉に

分布が長野と岩手と北海道

食草シモツケユキヤナギ、どちらも植えてあります。

f:id:hanarian:20180612215448j:plain

スジグロシロチョウ

食草がアブラナ科、マイガーデンにはアブラナ科の草がないけれど?

f:id:hanarian:20180612210322j:plain

ルリタテハ、石の上で給水

花の蜜を吸わない蝶、地面で給水ばかり

食草ユリ科、ユリはいろいろ植えてあるけれど

 

もっといろいろチョウが住んでいますが今日はここまでとします。

 

現実はいろいろ厳しいけれど

この地に合った植物で生き物と共生したガーデンを

そんなガーデンを理想としてやっていきたい

今年は春が忙しかったので

マイガーデンはあまり手を入れることができなかった

来年にむけてまたどのようにしようか考えます。

 

f:id:hanarian:20180612213034j:plain

畑の脇の斜面がアヤメだらけ

今年は草刈りされていなくて良かった

いろいろな花が見られそう

コオニユリやチダケサシ、カセンソウ、ツリガネニンジンノコンギクなど

いろいろな花がたくさん咲いてくる斜面なのです。

どうか草刈りされませんように。

f:id:hanarian:20180612213400j:plain

やはり自然の中のアヤメは美しい

青一色でも草と調和して美しい

こんな草むら残して欲しい

ここにはヒメシジミがたくさん住んでいるのです。

 

本当の自然の姿に触れて

自然をもっともっと知りたい。