nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

冬の実

おとといのスーパームーン

三脚無しで手持ちで撮影できました。

 

f:id:hanarian:20171205194039j:plain

 

12月4日撮影

EOSKissX8i  400mm ISO800 1/3200(トリミングあり)

目の悪い私がマニュアル撮影でピントが合わせられることがわかりました。

ピントが合うとピピっと鳴ってくれました!

 

f:id:hanarian:20171205195010j:plain

12月3日撮影

 

 

秋には木の実や草の実ゆっくり見る事ができませんでした。

やっとゆっくり散歩できるようになりました。

もう木の実達は鳥に食べられたり落ちたりしてだいぶなくなりましたが

よく見るといろいろありました。

 

f:id:hanarian:20171205195736j:plain

 

このきれいな赤い実のなる木はとても目立ちます

これは有毒なので鳥たちが食べないのでしょうか

「ハナヒョウタンボクスイカズラ科 落葉低木 

分布 青森、岩手、群馬、長野

氷河期の遺存植物、絶滅危惧種です!

 

f:id:hanarian:20171205202456j:plain

 

これはアズキナシ

春には白い美しい花で目立ちました。

秋にはこんなかわいい実が目立ちます。

 

f:id:hanarian:20171205203258j:plain

 

ノコンギクの実はかわいいです。

野菊は乾燥に強くて繁殖力が強く丈夫なので大好きです。

 

f:id:hanarian:20171205203720j:plain

 

お日さまに当たると白く輝くボタンヅルの実と

オニドコロの実

 

 

f:id:hanarian:20171205204059j:plain

 

苔で出来たような巣は何の鳥の巣かな?

 

f:id:hanarian:20171205204231j:plain

 

コットンのような実は

クサボタン

 

f:id:hanarian:20171205204349j:plain

 

だいぶ朽ちてしまったヤマガシュウの実

 

f:id:hanarian:20171205204534j:plain

 

かわいい実だったけれど

だいぶ朽ちてしまった

ナンバンハコベの実

 

f:id:hanarian:20171205204918j:plain

 

ツノハシバミの実ではなくて

芽と雄花

もう春の準備ができています。

この木は林の縁にたくさんみかけます。

ヘーゼルナッツです。

とても体にいいらしいです!

いつか実を食べてみたいです。

 

f:id:hanarian:20171205205414j:plain

 

アオナシの実

洋ナシの形をしているので珍しいと思います。

春に種を蒔いてみましたが、芽がでませんでした。

また種を採取して来年挑戦してみます。

 

f:id:hanarian:20171205210309j:plain

 

ハンノキにからみつくツルウメモドキ

木の上の方に見事にからみついてとても見ごたえがあります。

手が届かないのでなかなか取ることができません。

 

f:id:hanarian:20171205210659j:plain

 

白樺の雄花

 

f:id:hanarian:20171205210931j:plain

 

キューイフルーツみたいなつるは

サルナシかもしれない

 

f:id:hanarian:20171205211925j:plain

 

さて、このかわいい実は

何の木でしょう

わかりました!

「アオハダ」

モチノキ科 分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国南部

落葉高木

クマの好物だそうです!

初めて見る木なので

春になったら今度は花を見に行ってみます。

 

 

まだまだ載せきれない程

冬の実がたくさんあります

 

木の実のリースなど作ってみたかったけれど

いい時期を取り逃してしまいました。

 

ウバユリとオトギリソウとノコンギクの実でかんたんに枯草花束を

玄関に飾ってみました。

 

冬には冬の楽しみ見つけなくてはね。