nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

もう霧氷の季節

これは昨日の景色です。

まだ11月なのに真冬の景色です。

 

f:id:hanarian:20171122195556j:plain

 

峠の山が日中でも霧氷が融けませんでした。

 

f:id:hanarian:20171122195834j:plain

 

この山は埼玉県との県境の三宝山と思われます。

 

f:id:hanarian:20171122200023j:plain

 

トリミングすると墨絵のようになりました。

 

f:id:hanarian:20171122200112j:plain

 

霧氷の林を近くで撮影したいのですが

2000m以上の山なので、なかなか近くに行くことはできません。

 

f:id:hanarian:20171122200443j:plain

 

八ヶ岳もすっかり白くなりました。

今からこんなに寒いと憂うつになります。

 

f:id:hanarian:20171122200716j:plain

 

近くの池に見慣れないカモが

遠すぎたのでトリミングしてみました、ピンボケです。

何のカモなのかわかりませんでしたが

わかりました。

キンクロハジロでした。

冬鳥です。

 

 

 

ここからはまた夏に撮った写真をアップします。

8月に撮影した草だらけのマイガーデンです。

 

今年は近くの山すそに生えていた「カワミドリ」という花を1本植えてみました。

この花は道端によく生えていてとても目立ちます。

ミントの花そっくり

初めて見たとき野生のミントだと思いました。

蝶の好きな花らしくイチモンジセセリとスジボソヤマキチョウがよく止まりました。

 

f:id:hanarian:20171122201003j:plain

学名 Agastache rugosa

英名 Korean mint

日本では生薬として「かっ香」「排草香」の名がある

花の咲く頃に全草を刈り取り陰干しして乾燥させたものを

煎じて風邪や頭痛の薬として使われていた

カワミドリの名前の由来は皮・身・取=全草+取=煎じる

 

f:id:hanarian:20171122203107j:plain

 

こんな感じによく道端に生えて

楽しませてくれました。

クサボタンと共演です。

 

f:id:hanarian:20171122203431j:plain

 

ここは毎日通る道

カワミドリの他にいろいろな花が咲いて楽しみでした。

 

f:id:hanarian:20171122203750j:plain

 

蜜が美味しいのでしょうか

イチモンジセセリがよく止まっていました。

 

これによく似た花で

「アガスターシェ グローブトロッター」という花を去年買って植えましたが

今年は姿が見えません?

 

やはり地元に自生している花が最適だということです。

調べると薬草だったりするので、自生している草は大事にしたいと思います。

 

f:id:hanarian:20171122204717j:plain

 

アカタテハが止まっているこの花は「シラヤマギク」

ポールスミザーさんの苗屋さんから買って植えたものです。

近くの山にも自生しています。

蝶達は野生の花が大好きで、園芸種の花よりも野生種の花がお好みのようでした。

 

f:id:hanarian:20171122205002j:plain

 

買って植えたマツムシソウ

蝶達に大人気でした。

自生種大事にしたいです。