nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

台風去り水はたっぷり

台風が去りました。

雨がたくさん降ったので山は水が飽和状態になり

山から水が吹き出して道路が川のようになっていた所もありました。

これだけ降れば井戸水はそろそろ復活すると思います。

 

隣村の八ヶ岳のすそ野のカラマツが黄色に色づいて来ました。

 

f:id:hanarian:20171023201837j:plain

 

千曲川の水の量がすごいです!怖いです

この前まで石がゴロゴロ見えていました。

これだけ降ればしばらく水の心配は無いです。

しかしもうちょっとで農業終わるので水の心配はいらなくなります。

もう一か月早く降ってくれれば良かったのに。

 

f:id:hanarian:20171023202452j:plain

 

まだ我が村の天狗山の紅葉は残っております。

岩山のすぐ下は原生林なので紅葉がとても美しいです。

針葉樹はこんな感じに生えていたのでしょう

 

f:id:hanarian:20171023202950j:plain

 

この岩山はチャートという岩でできた山です。

古生代中生代の海洋生物の放散虫などが降り積もってできた岩

つまりここは昔海底だった

はるか南の海からここまでプレートの動きで移動してきた大地

植物達はこの虫の降り積もった栄養豊富な岩から養分を吸い

急斜面にもかかわらず、こんなにもたくさん植物が岩山に根づいています!

植物には鉱物も必要なのです。

 

野菜畑にも石灰という鉱物撒いています。外国産だけど

 

 

f:id:hanarian:20171023203335j:plain

 

チャートという岩は火打ち石で

石器時代に火を起こすために使っていたかもしれません。

我が村には後期旧石器時代から縄文中期遺跡がたくさん出ています。

日本で一番標高の高い所に立地する遺跡です。

こんな寒い高原になぜと思うかもしれませんが

そのころ地球は暑かったらしい。

 

 

朝は台風だったので白菜の出荷は今日はお休みしました。

強風の為か朝から昼過ぎまで停電で寒かった。

毛布にくるまって湯たんぽかカイロを貼るしか暖を取る方法がありませんでした。

太陽光パネルが車庫の上にあるのですが

携帯の充電程度しか使えず

せっかくソーラー発電あるのに

発電した電気を蓄電していざという時に使えたらいいなと思いました。

畑で使う発電機もあるのでいざとなれば発電機でまかなえますが。

電気のありがたみを感じた半日でした。

 

 

私のブログ内のニックネーム今までつけていませんでした。

表示の仕方がやっとわかったのでつけてみました。

「のあ」にしました。

野が好きなので野原の「の」とイニシャルのAから「あ」を取って

「のあ」にしました。

 

実はハンドルネーム(ネット上の名前)占いでhanarianを占ったらあまり良くなかったのです。

そこでいろいろ考えました。

「のあ」を思いつき占ってみたら大吉だったので決めました。

呼びやすく書きやすいのも決めてです。