nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

野生のナシもスモモも開花

山は野生のナシやスモモが花盛りです。

 

f:id:hanarian:20170510195044j:plain

 

ヤマナシの花を見ると

宮澤賢治の幻想的な童話「やまなし」を思い出します。

国語の教科書に載っていたので

誰でも知ってるはず

でも意味がわからなかった

ただサワガニが懐かしくて

実家の裏の小川に昔サワガニやカワニナがいたことを思い出します。

 

f:id:hanarian:20170510195132j:plain

 

ヤマナシの実は渋みが強くて生では食べられません

でも12月に落ちていた実をみつけ食べて見たら美味しかったのです。

日干しになって渋みが自然に抜けたのでしょう。

ヤマナシの実のいい香りが浮かんできます。

 

f:id:hanarian:20170510200547j:plain

 

これは野生のスモモ

あちこち生えています。

この実も小さくて酸っぱいですが

でも完熟した柔らかい実は美味しいと思いました。

懐かしい味です。

 

f:id:hanarian:20170510201202j:plain

 

野生のスモモの花

ほんのり縁がピンクかがっています!

 

f:id:hanarian:20170510201343j:plain

 

岩場の斜面にスモモと桃と

こんな乾燥する岩場に生えているのが不思議です。

ここは野生の果物がたくさんあってうれしいです。

原種の味が楽しめます。

 

今は売っている果物は未熟のうちに収穫し

本物の甘味を楽しめません。

完熟した本物の果物が食べたいです。

自分で育てて食べるのが一番楽しめます。

私も栗やブドウやリンゴ、ブルーベリー、ラズベリーなど育てていますが

なかなかうまく育てられません。

 

f:id:hanarian:20170510202111j:plain

 

咲いてるゲンジスミレみつけました!

このスミレは貴重です。

 

f:id:hanarian:20170510202233j:plain

 

山の中のタチツボスミレ

紫の線が入っています!

 

f:id:hanarian:20170510202545j:plain

 

ヒトリシズカはシカが食べないらしく

山にたくさん生えています。

 

f:id:hanarian:20170510202723j:plain

 

青く輝くフデリンドウが足元に

大好きな花

 

f:id:hanarian:20170510202935j:plain

 

道端でシナノタンポポ

1本だけ見つけました!

前はもっとあったのに

除草剤を道端に散布する方がいて

だいぶやられました。

除草剤大嫌いです。

道端のかわいい野の花を平気で枯らせる人も嫌いです。

 

農家の方々は除草剤が大好きなのです。

畑が広いので草取りが間に合わないので

みんな除草剤を使います。

安全だというけれど

私は大嫌いなのです。

 

私の草だらけのガーデンに義母に除草剤を撒かれたときは

義母が悪魔に見えました。