読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

裏山にアトリ集団・海の思い出

また雪が積もりました。
春はなかなか来ません。
裏山にすごい数のアトリがいました。
何千いや何万かも
そろそろシベリアへ帰る準備かもしれません。

 

f:id:hanarian:20170315140647j:plain

 アトリの語源は集まるから来ているとか

f:id:hanarian:20170315140936j:plain

 

ケヤキの木に止まっています。

 

f:id:hanarian:20170315141120j:plain

 

良く見ればみんな顔や模様が少し違うようです。

  

f:id:hanarian:20170315141257j:plain

 

ケヤキの落ちた実をついばんでいるようです。

 

f:id:hanarian:20170315142027j:plain

 

ノスリが上空に現れました!

 

f:id:hanarian:20170315141811j:plain

 

ヤマガラもいました。
よく見るとお顔が面白い!
 

f:id:hanarian:20170315142433j:plain

 
今日の八ヶ岳は寒そうです。
大きな鳥が偶然写っています。

 

 

 

 

海の思いで

 

 

 

3.11の日はテレビでいろいろな番組を見て
「うつ」が波のように襲ってきました。
自分と自分の家族に直接被害が無くても
あの映像を見ると涙が流れ止まりません。
やはりあの日は忘れたくても忘れられない日です。

 

私は岩手北三陸の海の見える高台で育ちました。
三陸は断崖と絶壁の海岸が多い中
我が村だけは砂浜でした。

 

hanarian.hatenablog.com

 
以前 10mぐらいの防潮堤と松の防潮林がありました。
その時の写真が1枚ありました。

 

f:id:hanarian:20170315144440j:plain

 

砂浜が広くウミネコがいます。
この砂浜で遊んだいろいろな思い出があります。
ウニ漁やわかめ漁について行った思い出
潮が引く岩場の所があってそこでイソギンチャクなど海の生き物と遊んだ思い出
ここで砂祭りが行われ砂の造形作品が飾られていたり
波と追いかけっこしたり

 

もう砂浜で遊べないような気がして寂しい限りです。

 

小学校3年の時まで学校が海の近くだったので
高台へ避難訓練した記憶があります。
地震の後はとにかく高台へ避難しました。
3年以降は学校が高台へ移転したので
避難訓練した記憶がありません。

 

あの日は地震の後すぐに実家へ電話しましたが
もうすでにつながりませんでした。
その時運よく実家の兄嫁が村外に外出していて
津波で道路が通行止めになり家へ帰れなくなっていて
兄嫁とは直後には携帯で連絡がとれました。
なんとか次の日、携帯災害伝言板で実家家族の無事を確認できました。

 

村の津波の状況が何日か伝わってこなくて心配でした。
防潮堤があったのに、村の中心部まで壊滅に近い状態だったなんて
信じられませんでした。
 
我が実家は高台のため津波の被害は受けていませんが
ブロイラーの鶏を飼っていて
鶏の餌屋が被災しエサが入ってこなくなったのです。
かわいそうに飼っていた鶏は餓死です。
 
その年の夏父は倒れ寝たきりになり
翌年亡くなりました。
 
震災で多くの命が犠牲になり、命のはかなさを痛感しました。
この世にはいろいろな命があって
いろいろな命に生かされている
そして一瞬を生きて死ぬ
一瞬の輝きが大事なような気がします。

 

震災をきっかけに
今まで価値のある物と思っていた物が(例えば財産)
全く価値の無い物に見えたり
本当に大事な物は何なのか
気付かせてくれました。

 

しかし人間はわがままで自分勝手で
欲が深い(自分も含めて)
災害の教訓もすぐ忘れる

 

復興がまだ兆しが見えない状況の中で
東京オリンピックが決まった事には驚きました。
そんな余裕はないと思っていたのです。
オリンピックより復興の方に労力とお金を使って欲しいと思いました。
ましてや直下地震の危険な狭い東京で開催とは心配でなりません。
 
日本は地震と火山の国、この流動的で危険な国に
原発があることが不思議でなりません
核のゴミ処理に困っているのにどうするつもりなのでしょう
隕石がいつ落ちてくるかもしれないのに
もし落ちたらどうなるのでしょう 
次回130年後隕石が地球と月の間をかすめるという
私達が死んでからですが
考えただけで怖ろしい

 

夢を見ることで現実がつらいなら(自分の事)
夢見ることをやめたほうがいいのでは
と思ったりする
夢も見ず、ただ生きていればどんなに楽なことか
ごはんが食べられて眠ることができればいいのでは
宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」のあの詩のように
「いつも静かに笑っている」
そんな人になりたい。なーんて
しかし現実はなかなかうまくいきません
 

 

紅白歌合戦で聞いたこの曲が
とてもジーンと来ます。
涙が止まらないのです。
愛の歌のようですが
私にはあの日海に消えた方々の歌に聞こえます。

 


「海の声」 フルver. / 浦島太郎(桐谷健太) 【公式】

 

 

 来週は娘達の大学の卒業式
二人訳あって同学年
しかも同じ日に卒業式
長女は音大、次女は農大
二人とも就職決まりとりあえず安心しました。
私は冬着付けを習ったので長女に袴を着付けし
私も着物着て参加しようかなと思っています。
あこがれの音大なので私も楽しませてもらいました。
演奏会にはなかなか行けなかったけど
次女の方にも参加したいけど体は一つしかありません
主人が次女の方に参加します。

 

今回ブログのデザイン背景を海に変えました。
しかしスマホのデザインはシンプルのまま放置しています。
私はスマホ持っていないのでイメージがつかめないのです。

 

いつもスターを押していただいている方々ありがとうございます。
以前ブックマークもしてくださった方々ありがとうございます。