nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

セツブンソウに会えた

やっとセツブンソウに会えることができました。

山梨の群生地へ行ってきました。

 

f:id:hanarian:20170224184028j:plain

 

石灰岩地の木陰などに生える多年草で日本固有種

旧暦の節分の頃に開花するのでこの名がある

分布 関東地方以西

 

秩父のセツブンソウ群生地に行きたかったけれど

道がとても遠いのであきらめました。

一時間ぐらいで行ける山梨を選びました。

 

f:id:hanarian:20170224184839j:plain

 

民家のすぐ裏山に生えてて守られてきたようです。

とてもかわいい花です。

しかし目立たないので

最初私にはこの花が見えませんでした。

主人も一緒でしたが、主人にも見えなくてこの場所を通り過ぎてしまったのです。

ずっと山の上へ登ってしまったのです。

運良く地元の方がいたので場所を聞くことができました。

 

f:id:hanarian:20170224185440j:plain

 

柵も作られて保護されています。

落ち葉の中に咲いているのが遠くから見えないのです。

 

f:id:hanarian:20170224185705j:plain

 

この岩は白っぽいところがある

石灰岩かな?

 

f:id:hanarian:20170224185937j:plain

 

ケヤキの木がある斜面に群生しています。

 

f:id:hanarian:20170224190129j:plain

 

白い花びらに見える所は萼片だそうです。

花弁は黄色の所

山梨ではここにしかないそうです。

 

f:id:hanarian:20170224193809j:plain

 

これは葉が緑っぽい個体

セツブンソウは繊細な感じがします。

 

花言葉

気品、ほほえみ、光輝、人間嫌い

 

f:id:hanarian:20170224190445j:plain

 

上の山を見上げると

原生林の雑木林でした。

 

f:id:hanarian:20170224190631j:plain

 

これはミツマタという木でしょうか

セツブンソウ咲く斜面に植えてありました。

 

途中梅の花が咲いている所がありましたが

撮影したくても止まってくれなかったので残念。

セツブンソウに会えただけでも満足です。

 

山梨はわが村より10℃ぐらい温度が高いので

冬は暖かく住みやすい場所

しかし夏は死ぬ程暑い!

逆にわが村は夏は過ごしやすいけれど

冬は死ぬ程寒い!

なかなかうまくいかないものです。

 

f:id:hanarian:20170224191611j:plain

 

帰り道は絶景の湯「みたまの湯」で温まって帰りました。

お湯に浸かりながら八ヶ岳南アルプス秩父の山が一望できます。

ここから見える八ヶ岳はまとまってきれいです。

 

ここの特産の大きなニンジンの天ぷらが入ったうどん美味しかった!

アルカリ性単純温泉、入浴料770円

甲斐源氏先祖の地、市川三郷町です。