読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

黄色の真珠のような美しい実

雪が降ると

この実だけが美しく輝いて見える

 

f:id:hanarian:20161127150253j:plain

 

ホザキヤドリギ(半寄生落葉小低木)

分布、本州(中部以北)、中国北東部、朝鮮半島

ミズナラ、ブナ、ハンノキ、シラカバ、クリなどの落葉広葉樹に寄生する

上の写真は野生のスモモに寄生しています。

レンジャクが来ると全部食べられてしまいます。

 

f:id:hanarian:20161127151339j:plain

 

夏は葉の陰で全く目立ちません

今の時期しかこの美しさに気づきません。

 

まるで黄色の真珠のような

樹上のサンゴのような

不思議な形

 

f:id:hanarian:20161127151911j:plain

 

雪が降ると

山の美しさが映えて、見とれるばかりです。

フィルター加工や色を補正しなくてもこのような色がでます。

 

f:id:hanarian:20161127152112j:plain

 

ダイサギでしょうか?

川でよく見かけます。

冬は野鳥を撮りたいと思います。

 

f:id:hanarian:20161127152548j:plain

 

冬鳥マガモの家族

川にいましたが

人の動きにとても敏感で飛び立ちました。

 

f:id:hanarian:20161127153035j:plain

 

野沢菜のからし醤油漬け、漬けこみ中

野沢菜は塩漬けよりも醤油漬けの方が失敗が少なく

美味しいような気がする。

色が青々としてる時がおいしいと感じる

だんだん変色してくるとまずそうに見える

けれど塩漬けの変色して発酵したのが好きという方もいる

 

f:id:hanarian:20161127153846j:plain

 

刻んで漬けると早く浸かるし食べやすい

野沢菜は繊維質が多く

食べた後繊維が残り噛み切れないイメージがありますが

今は品種が改良された物があり我が家は柔らかい野沢菜を使っています。

 

野沢菜漬けは重さの加減が難しい

あまり重いと茎がつぶれておいしくない

ある程度漬かったら重さを軽くしないといけない

 

野沢菜のからし醤油漬け

美味しいのでレシピを載せておきます。

野沢菜10キロ

醤油1.8リットル

酢2カップ

砂糖700~800

和からし50g

 

 

f:id:hanarian:20161127155924j:plain

大根の酢漬けも漬け上がった

さっぱりして美味しいので

これもレシピを載せておきます。

 

大根12キロに塩400gで3~4日下漬けする。

よく漬かったら水分は捨てて

砂糖1キロ酢5カップで煮溶かして冷ましてからかける

 

我が家は私以外は皆高血圧

酢を使った漬物の方が体に良いような気がします。

 

農家の主婦は漬物が美味しく漬けられるようになれば一人前と思っている

毎年いかに簡単に美味しく清潔に漬ける方法を模索している。

 

 

今年の冬も12月からピアノレッスンに通う予定

冬だけあこがれのピアノを習うようになって20年になります。

夏は練習しないのでなかなか上達しない

農作業の疲れと寒さで冬はなかなか指が動かない

それでも音楽が好きなので続けている

 

今年はバッハのフランス組曲5番の中から何曲か選びたい

フランス組曲は小さな曲がたくさん入っている

バッハってどの曲も同じような曲に聴こえるかもしれないけれど

よく聴くと皆違うし、風景が浮かんでくることがある

空を飛んでる気分になったり

 

春にYou Tubeティファニー・プーンの演奏を見て

私のブログの題を決めることができました。

このアルバムの題が「Natural Beauty」

とてもいい題と思ったのです。

娘と同年代頃のティファニーから若々しいエネルギーをもらって

ちょっと変形して「nature beauty」と私のブログの題に決定したのです。

ティファニーさんに感謝します。

 

 


Tiffany Poon plays Bach French Suite No. 5 in G Major, BWV 816