nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

フクジュソウ咲く、春の兆し

まだまだ寒い信州ですが
今日は日差しに春を感じました。
裏山にはもうフクジュソウが咲いていました。
庭にはクロッカスなどの球根類の芽が出ています。
 
目次
1、フクジュソウの種類
2、オオイヌノフグリイヌノフグリ
3、ネコヤナギも膨らむ
3、心にしみるヘンデルの曲
4、私のブログについて

 

 

f:id:hanarian:20170303194150j:plain

 

最近朝の冷え込みが少し緩くなったかなと感じるようになりました。
少しずつ地温が上がっているのを植物達は感じ取るのでしょうか
いつの間にか裏山ではフクジュソウが咲いていました。

 

f:id:hanarian:20170304165539j:plain

 

 寒くてもハエがいました。
花の中で暖を取っています。

 

f:id:hanarian:20170303194746j:plain

 

葉がまだこんなに小さいです。
わが村の春の妖精はフクジュソウから始まります。
故郷のフクジュソウ咲く雑木林も懐かしく思い出されます。

 

f:id:hanarian:20170303194944j:plain

1、フクジュソウの種類

 

ここのフクジュソウは萼片が花びらよりちょっと短い
故郷のフクジュソウも同じ種類だった
フクジュソウ」日本固有種
分布 北海道、本州、四国、九州
花言葉 「幸せを招く」「永久の幸福」「悲しき思い出」
 
日本には4種類のフクジュソウがあるという(近年分けられた)

 

*「フクジュソウ」萼片が花びらよりやや短いか同じ、葉の裏の毛わずかか無毛、茎の断面は中が詰まっている。分布ー北海道から九州
 
*「ミチノクフクジュソウ」萼片が花びらより短く、茎が中空、分布ー東北から九州、朝鮮半島、中国
 
*「キタミフクジュソウ」萼片が花びらと同じかやや長い、1茎に1花、葉の裏に毛、分布ー北海道、サハリン、シベリア東部

 

*「シコクフクジュソウ」萼片が花びらと同じかやや短い、葉の裏が無毛、茎が中空、分布ー四国、九州
 
各地のいろいろなフクジュソウを見るのも面白い(皆様のブログで)

 

 

 

2、オオイヌノフグリイヌノフグリ

f:id:hanarian:20170303200112j:plain

 

 日当たりの良い斜面にオオイヌノフグリがわずか咲いていました。
ピンボケですが
寒いのできれいに咲いたのはありませんでした。
 
ユーラシア、アフリカ原産の二年草
花言葉「神聖」「清らか」

 

別名、瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳
絶対「星の瞳」の方がぴったりの名前だと思います。
オオイヌノフグリという名前はひどすぎます!
 

 

 

 

f:id:hanarian:20170304124649j:plain

 

これは日本原産のイヌノフグリ
見過ごしてしまいそうな小さくて地味な色です。
こちらではオオイヌノフグリと混生しています。
ピンク色のかわいい花が咲きます。
かつては中部地方以西に広く分布していたそうですが
「今では山間部にしかない珍品になりつつある」と図鑑に書いてありました。

 

 

 

3、ネコヤナギも膨らむ 
 f:id:hanarian:20170304125340j:plain
 河原にネコヤナギがもう膨らんでいました。
寒い場所でも春を感じさせてくれる、ねこのしっぽのようにかわいい
花は毛の間から咲いてくるので、寒さ予防の毛かな

 

ネコヤナギ 
別名「タニガワヤナギ」 
落葉低木 雌雄別株 
雄花と雌花の違い見る事ができればいいのですが。
分布 北海道、本州、四国、九州、ウスリー、朝鮮半島、中国北東部
花言葉「思いのまま」「努力が報われる」「親切」「率直」

 

 
 
4、心にしみるヘンデルの曲
 
そろそろバッハの曲に飽きてきたので
何かいい曲がないかなと
昔買ったCDを聞いてみました。
 
ヘンデルの曲がなかなか心にしみるのです。
バッハは音楽の父、ヘンデルは音楽の母(女ではありませんが)と呼ばれている
ヘンデルは他国で音楽の視野を広げ、社交的で気配りの効く母のような存在だったからではないかと、
ちなみに私はキリスト教ではありません無宗教です。
バッハの曲を弾いていたのは
ピアノ先生に勧められたからです。
ピアノの基礎が無く、弾きたい曲だけをひたすら練習してきた私に
バッハを練習すればタッチがハッキリ弾けるようになると言われたのです。
 
確かにバッハを弾いていたら
ヘンデルの楽譜を見ても違和感なく弾ける
クラヴィーァ組曲第5番ホ長調 (有名な調子の良い鍛冶屋の曲が入ってる組曲
1と2がとても気に入ってしまいました。
 
ヘンデルは歌曲が多く
なかなかいい曲ばかりでジーンときます。
中でも「私を泣かせて下さい」はしっとりきます。

Hayley Westenra. Lascia Ch'io Pianga Live 私を泣かせてください
歌詞の訳
 「どうか泣くのをお許し下さい
この過酷な運命に
どうか自由にあこがれることをお許し下さい
我が悲しみは打ち続く受難に鎖されたまま
憐れみさえも受け入れない」
 
 歌っているのはニュジーランド出身のヘイリー、美しいですね!
私もこんなに美しければ、きっと違う人生を送っていたことでしょう。
 
 
オンブラマイフという曲もなかなかいい曲です。
歌曲ですがシンフォニーもなかなか良いです
美しい景色が出てきます
草原で聴きたいような曲です。 

Handel: Serse / Act 1 - Largo: 'Ombra mai fu' - London Symphony Orchestra
オンブラマイフの歌詞 
「木陰で今までで一度もなかった
これほど愛おしくて優しくて、快いものは」
  
ここは冬の暮らしが寒さ厳しくつらいので
音楽の輝きが心にしみる
 
そろそろ鉢植えの植物買っても凍らないかな
せめて室内で植物が育てられたらどんなに楽しいか
今月はまだ庭仕事も畑仕事も土が凍っているのでできません。
日々楽しみを見つけポジティブになることは冬はとてもたいへんです。
 
先週は胃の不調と左足の坐骨神経痛で外を歩くのを止めました。
従って野鳥撮影はお休み。
春までに坐骨神経痛を治さなくては
実は去年からの農作業の疲れが治っていないのです。
温泉や鍼灸や整体、トレーニングジム通いが続いています。
だんだん年を取ってきたので体の回復に時間がかかります。
 
 
 5、私のブログについて

 

私のブログは最初はストレス発散の為に始めたブログでした。
今はポジティブになり、夢を実現する為のブログと思っております。
いつか心が安定したらブログは辞めようと思います。
そんな日が早く来ればいいなと思います。

 

ブログをやっていらっしゃる方は皆ポジティブな方ばかりなので
いろいろな事を教わることができます。
そしてブログでいろいろな方々を知ることができます、

 

しかしパソコンやブログの内容の使い方がまだよくわからず
使いこなせていません
特にブックマークの使い方がまだわからず使っていません。
ですからブックマークにコメントいただいた方には
コメントのお返しもブックマークのお返しもできませんのでご理解お願いします。

 

 アクセスが少なくても気にせずに
自分の思いのままに自分中心の偏見に満ちたブログでも
感動を共有できたりする方が少しでもいればそれでいいと今は思っています。

 

ブログを作ることは現実に満足してないからかなと思ったりします。
ブログも一種の芸術のような気がします。
出来ればブログを作らずネットに依存しないで生きてみたいものです。
いつかネットに依存しない充実した生活を送るのが夢。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

雪野原の野鳥達

少し寒さが緩み

外に出るのが楽になりました。

今月は正月伝統行事(道祖神祭や獅子舞やどんと焼きなど)が終わるまで

寒かったのでどこにも行かずに冬眠してました。

人間関係が希薄と言われる現代

わが村は伝統行事で人との連帯関係が保たれています。

 

f:id:hanarian:20170119203133j:plain

 今回はブログが長いので見出しをつけます。

 

  1. 最近のバードウォッチング
  2. 冬の音楽ジョージウィンストンのピアノ曲
  3. エゴマを使ったお菓子
  4. 小豆あんを使ったお菓子

 

最近のバードウオッチング

身がすっかり重くなってしまいました。

寒くても毎日フィールドは歩いています。

 

f:id:hanarian:20170119195311j:plain

 

こちらの雪はたいしたことはありません。

雪のある日

ノスリが遠くの木の上に止まっていました。

よくカラスとなわばり争いを空中でバトルしています。

ノスリ留鳥として北海道、本州中部以北、四国で繁殖し

冬鳥として沖縄以外各地に飛来する。

この辺では留鳥でいいのかな

 

無理のない距離で野鳥撮るには400mmでは望遠が足りません

テレコンバーターをつける方法もあるけれどAFが効かなくなるし

1000mm相当のコンデジは持っているけれど

ピント合わせに時間がかかってシャッターチャンスを逃すし

その上寒さに弱くて電池がすぐだめになる

 

やはりトリミング加工が経済的

カメラでトリミングのやり方がやっとわかったので

トリミング加工してみました。

ピントが甘くなりますが仕方ありません。

 

f:id:hanarian:20170119200244j:plain

 

ベニマシコのオス

やはり望遠が足りなくてトリミングしました。

顔が真っ黒になってしまいました。

ピッポピッポと鳴きながら飛ぶのでわかりやすい

夏は北海道と下北半島で繁殖し

冬鳥として本州以南へ渡る

 

f:id:hanarian:20170119200642j:plain

 

ベニマシコのメス

これもトリミング

なかなかいい大きさで撮れないものです。

野鳥も蝶もメスは地味でオスが美しい

 

f:id:hanarian:20170119200938j:plain

 

これはわかりづらいけど、飛んでる後ろ姿だけ

シロハラだと思います。

止まっていたのですが、カメラを構えた瞬間に飛び立った

シロハラだとして

冬鳥で本州中部以南に多い

 

カヤクグリの声もしたけれど

姿が見えず

 

f:id:hanarian:20170119201445j:plain

 

アカゲラのオス

きれいに撮れました。

トリミングです。

キョッキョッと鳴きながら飛ぶので存在がわかる

留鳥です。

 

f:id:hanarian:20170119201844j:plain

 

モズのオス

留鳥です。

他の鳥の鳴き声をまねするのが上手です。

ヒバリのように鳴いているのをいつか聞いたことがあります。

 

f:id:hanarian:20170119202448j:plain

 

ホオジロのオス

留鳥です。

チチッと鳴くのでわかりやすい

 

f:id:hanarian:20170119202934j:plain

 

ちょっとわかりづらいですが

リスと会いました、木の枝が邪魔でうまく撮れません。

野鳥や動物達は寒さ知らずで元気です。

 

動物の足跡は

望遠レンズの為撮影できず

イノシシの足跡やウサギの足跡

黒っぽい動物が林の中に逃げ込んだのが見えた、たぶんカモシカかも。

キツネらしき足跡はよく見かける。

 

 

冬の音楽

 

冬景色の中で聴きたい音楽は

ジョージ・ウィンストンのピアノ

アルバムdecemberの中からjoy(かなり前の曲)

この曲は「バッハの主よ人の望みの喜びを」をアレンジしたもの

 


george winston - joy - december

私の冬の趣味はピアノです。

毎年発表会に出ていましたが

今年は発表会に出ません。

来月娘達の引っ越しで忙しいのです。

いつもクラシックを弾いてると

ポップス系なさわやかな感じの曲を弾きたいって思う。

なんかいい曲ないかなあと探しているけど

なかなか巡り合えない。

 

 

 

f:id:hanarian:20170120131224j:plain

 

日本家屋の障子だらけの我が家は冬は部屋の中も氷点下です。

今年は私の部屋に電気のオイルヒーターを置いてみました。

去年から車庫の上にソーラーパネル置いたので電気代が春から秋までかかりません。

しかし肝心の冬は発電量が足りない上に

我が家は古くて寒い家なので冬は電気代がとてもかかります。

我が家は冬はソーラーの売電量で電気代相殺できません。

電気代かかるけどオイルヒーターのおかげで今年は植物が凍らないで元気です。

バラ咲きのゼラニウム咲いてくるといいな

毎年ゼラニウムは冬だめになっていました。

ピアノも温度差が無いおかげで音が狂わなくなりました。

空気も汚れないし快適です。

 

 

 

エゴマを使ったお菓子

 

エゴマせんべい

 

f:id:hanarian:20170120124124j:plain

 

エゴマは信州ではイクサと呼びます。

シソに似た植物でこの辺では昔から栽培されています。

我が家では作っておりませんが近所からいただいたので作ってみました。

 材料 地粉100g

    エゴマ 50g

    きび砂糖大3

    塩小1

    ぬるま湯50ml

材料ひとまとめにして1時間ねかし

梅干し大にちぎって丸めてめん棒で薄くのばし、油で揚げる

「横山タカ子著 作って楽しむ信州の粉食」より

ごまのように香ばしくて美味しいです!

 

f:id:hanarian:20170120124556j:plain

 

えごま(イクサ)とはこんな実です。

インド周辺の高地原産

縄文時代の遺跡から出土しており、日本最古の栽培作物

生活習慣病や神経疾患、アレルギー体質の改善に効果など

 

f:id:hanarian:20170120183355j:plain

 

エゴマドレッシングも作ってみました。

 材料 酢大4、薄口しょうゆ大4、きび砂糖小3、ごま油小2、

    しょうがおろしも少し入れてみました。粉にしたエゴマ大1ぐらい

市敗のドレッシングは添加物が入っています。

我が家はレタス農家なので夏はサラダばかり食べています。

手作りのドレッシングだと安心なのですが、

忙しい夏はなかなか作れません。

 

 

小豆あんを使ったお菓子

 

今年も小豆がたくさん取れたので(一時はアブラムシにダメにされそうでしたが)

あんをつくり、信州名物おやきを作ってみました。

皮は地粉200gとベーキングパウダー大1ときび砂糖50g水200g(8個分)

混ぜてこねて寝かしてあんを入れたらフライパンで焼き目をつけて

蒸し器で蒸す。

 

f:id:hanarian:20170119204208j:plain

 

f:id:hanarian:20170119205448j:plain

 

おはぎも作ってみました。

故郷ではおはぎを作る習慣がなかったので

おはぎを上手に作れるようになりたいと思っていました。

やはり手作りは美味しい!

砂糖は体に良いきび砂糖使ってます。

あんを冬のうちに作り貯めして冷凍しておこうと思います。

あんの作り方も大分慣れた

あん作りにはずく(長野弁で根性)が要ります。

 

私の小豆あんの作り方

 小豆300gを洗い、ひたひたより少し多く水を入れ

 沸騰したら、お湯を捨てる(あく抜き)

 圧力鍋にたっぷりめに水を入れ圧力を15分かけて

 火を止めそのまま冷めるまで置いておく

 小豆が柔らかくなっていたら水を捨てる。

 きび砂糖250gと塩小さじ1入れ火にかけ

 好みの固さまで練りあげる

 

我が家は薪ストーブはないので圧力鍋で時間短縮して煮る方法を考えました。

薪ストーブがあればぐつぐつ煮れるのに

薪ストーブのある家にあこがれます。