読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

武田神社の桜

 

 

朝雨だったので

畑仕事も庭作業もあきらめ

お花見に甲府へでかけました。

明日から信玄公祭りだそうで

明日からは混雑で行けませんが

雨の今日なら混雑はないと思い,出かけました。

 

f:id:hanarian:20170407185549j:plain

 

桜を美しく撮るって難しいです。

なるだけ自然の色で

軟らかい感じにと思って撮りました。

 

f:id:hanarian:20170407185645j:plain

 

雨がぽつぽつだったので

傘をさしての撮影

 

f:id:hanarian:20170407190536j:plain

 

どこにピントが合っているのか

よくわからない

 

f:id:hanarian:20170407185744j:plain

 

武田神社の前の通りは

桜並木が続いています。

 

f:id:hanarian:20170407185844j:plain

 

武田神社の入口です。

 

f:id:hanarian:20170407192607j:plain

 

ここは武田氏の館跡だということです。

説明書きです。

 

f:id:hanarian:20170407185950j:plain

 

桜と日本的な建物は調和します。

 

f:id:hanarian:20170407190127j:plain

 

足元のタチツボスミレも気になります。

午後には薄日がさしてきたので私には暑く感じました。

わが村より10℃温度が高いのです。

 

 

 

 ここからは我が家です。

f:id:hanarian:20170407190227j:plain

 

我が家の小梅が開花しました!

去年は小梅漬けと小梅ジュース作りました。

今年もたくさん生るように霜よけ予防かけておかなければなりません。

 

f:id:hanarian:20170407190325j:plain

 

クロッカスがどんどん増えてうれしいです!

 

 

 

面白い本を見つけました。

「あしたも、こはるびより。」 つばた英子

               つばたしゅういち 著 主婦と生活社

 

名古屋でワンルームの丸太小屋に住んでおられて

もう高齢のおじいさんとおばあさんですが

200坪の畑と30坪の雑木林で

野菜70種、果実50種育て

落ち葉と野菜くずで作った堆肥を使い

化学肥料は使わず

自給自足でエコな暮らしの本

(見て、感じて、おどろく心こそ、大切よ)

レイテェル・カーソンさんの言葉がもとになっているようです。

 

いい本と出会いました

この方々をお手本に頑張ってみます。

 

 

 

 

寒いけどツバメが来たよ、エルタテハ?初見

先月30日にツバメが1羽我が家に来ました。

けれど雪が降って何日か寒かったので姿が見えませんでしたが

昨日お天気が良かったので我が家の前に姿を現しました。

今日はペアーで飛びまわっていました。

 

去年巣立った子達はどこへ行ったのか?

 

毎年我が家の倉庫を巣作りに使います。

フン害に困っていますが。

 

f:id:hanarian:20170403203940j:plain

 

キセキレイもペアーで来ました!

また我が家の裏の庭木に巣を作るのかな?

 

f:id:hanarian:20170403204241j:plain

 

いつも身近にいるスズメを撮影したことがありませんでした。

梅の木に縦に一列に止まっていたので撮影してみました。

こうやって撮影して見るとスズメも

なかなか可愛いではないですか!

時々我が家の屋根裏に入っています。足音がするのです。

スズメには犬のごはんを食べられるので困っています。

 

f:id:hanarian:20170403204523j:plain

 

冬鳥のシメがいました!

怖い顔のイメージでしたが

かわいい顔してます。

 

f:id:hanarian:20170403205337j:plain

 

シジュウカラの背中は黄緑色がかってきれいです。

 

f:id:hanarian:20170404162602j:plain

 

昨日の朝は霧氷が出ていました。

まだこちらは真冬の寒さなのです。

でも夏鳥達はどこかで春を感じて

毎年同じような時期に渡って来ます。

 

f:id:hanarian:20170403205718j:plain

 

山では普段聞きなれない声を聴きました。

ヒガラに似たような高音の地なき

木の枝の中を動き回っていたので

なかなか姿をとらえることができませんでした

少しだけ姿が写っていました、

トリミングしてみると形がよくわからないのですが

色で判断すると「キクイタダキ」に似ています。

頭の黄色の模様が見えないのですが「キクイタダキ」だとして

 留鳥または漂鳥

 本州中部から北海道にかけての亜高山帯の針葉樹林で繁殖する。

 冬は低山に移動する。

 日本で最小の鳥の一つ

 

f:id:hanarian:20170403205909j:plain

 

なんと!寒いのにチョウを見ました!

ヒオドシチョウかなと思ったのですが

トリミングしてみると「エルタテハ」?ではないかと

羽裏にLの字が見えるのです。

「エルタテハ」だとして

 生育環境

 北海道では平地から山地、本州中部以北標高1000m以上落葉広葉樹林

 食草 ハルニレ、シラカバ、ダケカンバ

 成虫で越冬

 

 この寒い地でどうやって越冬したのでしょう?

 

f:id:hanarian:20170403210757j:plain

 

 

きのう林の中でルリビタキの地なき聞こえました!

山に戻って来たようです。

今日も行って見ましたが声はきこえませんでした。

 

また池にカモがいました!

すぐに飛び立つので姿をうまく写すことができませんでした。

これは何かな?

 

f:id:hanarian:20170403211804j:plain

 

今冬は標高1300~1400mぐらいの山道をよく散歩しました。

こうやって見ると八ヶ岳より高い位置にいるように見えます。

撮影できた野鳥達はほんの一部で

なかなか姿をうまく撮影することができませんでした。

野鳥撮影の難しさをつくづく感じます。

なかなか満足のいく写真撮れません。

 

f:id:hanarian:20170403214554j:plain

 

手前に写っている大きなモミの木は

ウラジロモミ」

分布 本州福島から中部地方紀伊半島、四国、日本固有種

亜高山帯に生育

 

f:id:hanarian:20170403215812j:plain

 

まだ雪があって寒いけど

おとといビオラを買い込んでしまいました。

土が乾いたら植えます。

今月はまだまだ寒いので凍っても元に戻る

ビオラやクリサンセマム、アリッサムしか植えることができません。

 

f:id:hanarian:20170403212050j:plain

 

玄関に鉢植えの花をたくさん飾ってテンション上げます。

室内はどうにか凍らない温度になりました。

冬はやはり我が家はシクラメンとアイビーしか冬を越せないようです。

ゼラニウムは凍らせてしまいました。

 

f:id:hanarian:20170403212550j:plain

 

 

種の話

 

レタスの種まきが始まっています。

まだ夜は-10℃近くまで下がるので

種は発芽器にいれて発芽温度をセットして発芽させます。

レタスの種は細かいので蒔きやすいようにコーティングされた種子になっています。

発芽器に入れると二日後にコーティングが割れ芽が出てきます。

芽が出たらただちに発芽器から出してハウスに並べます。

 

f:id:hanarian:20170404164240j:plain

 

以前山田ガーデンさんのブログでF1種子(一代雑種)の事を読んで考えさせられました。

(記事を貼り付けしたいのですが貼り付けの方法がわかりません)

今農家の出荷用の果菜類の種子はほとんどF1です。

レタスは系統選抜なのでF1ではありません。

ただし外国産(チリ)の種でした。

F1種子は美味しくて多収でとても良いと思っていましたが。

F1種子の怖さをネットで読んでとても考えさせられました。

F1種子の事は各自ネットで調べてみて下さい。

ただしあんまり信じすぎると売っている野菜が食べられなくなりますので

ほどほどに信じましょう。

売ってる野菜はF1なのかどうかは表示されないので生産者に聞かないとわかりません。

F1の怖さは種苗会社はもちろん承知していることだと思います。

まさに「種を征するものは世界を征す」です。

人生終盤になった私は何を食べてもいいけれど

これからの子供達が心配です。我が子が心配になってきます。

 

f:id:hanarian:20170404165530j:plain

 

上のこの種子はF1ではありません、固定種の種です。(ヨーロッパ産)

実は今冬「野菜作り講座」という通信講座に入りました。

(去年はマクロビオティック料理講座に入り、来年は何に入ろうかな)

付録として固定種の種が何種類か入っていたのです。

熊本の(株)「グリーンフィールド」さんの種でした。

他にも固定種の種を扱っているのは埼玉の「野口種苗」さんがあります。

ナチュラル菜園を目指している私には種が大事ということを知りました。

肥料や農薬も気になりますが種も気にしなくてはいけません。

 

私は岩手の農業大学校を出ていますが、生活科だったので

農業の知識がありません、普段の畑作業は主人が肥料を設計して入れます。

私は種を蒔いて植えるだけなのです。

理想は無肥料無農薬の自然農法をひそかに目指しています。

でもどうやって実践したらよいのか悩みます。

無農薬で野菜を作ることがどんなに難しいか体験済みなのです。

野の花のように野菜が育てられたら素敵だと思うのですが。

 

野菜もいろいろ気にすれば気になりますが

私は動物も気になります。

私は小さい頃から動物を飼っていたせいか

動物を食べられません!

けれど魚は食べるのでフィッシュベジタリアンです。

動物のこともいろいろ気にすると食べられなくなります。

なんでもほどほどに信じるのが楽ですね。