nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

オシドリに会えた!バラクライングリッシュガーデンへ

 
雪が舞う寒い日が続いています。

 

f:id:hanarian:20170324150835j:plain

 

もう冬ごもりから目覚めて活動したいのに
いつになったら春が来るのでしょう。

 

目次

1、今日の自然散策

2、庭のクロッカス咲く

3、蓼科のバラクライングリッシュガーデンへ

4、着物の美しさ

 

 

寒いけど久々に山へ散策に行ってみました。
山ではバッコヤナギ(ヤマネコヤナギ)が膨らんでいました。

 

f:id:hanarian:20170324151500j:plain

 

砂防ダムキセキレイがいました!
こちらでは夏鳥です。

 

f:id:hanarian:20170324150058j:plain

 

寒いのにミソサザイが一生懸命さえずっています。
雪がある寒い沢で

 

f:id:hanarian:20170324150400j:plain

 

マヒワがハンノキで空中遊泳してました。
ハンノキの実がお好みなようです。

 

f:id:hanarian:20170324152532j:plain

 

トリミングしてみました。

 

f:id:hanarian:20170324152953j:plain

 

池にオシドリの夫婦がいました!
人に敏感なのですぐ飛び立ちます。
 

f:id:hanarian:20170324153119j:plain

 

オシドリ 漂鳥または冬鳥
 北海道や中部地方以北で繁殖し冬は本州以南で越冬
 
美しいオスをトリミングしてみました。
 

f:id:hanarian:20170324153321j:plain

 

オシドリは冬ごとにパートナーを替えるそうです!
なぜ仲の良い夫婦を「おしどり夫婦」と呼ぶのでしょう?

 

クロッカス咲く

 

真冬日でも早咲きのクロッカスが庭で咲きだしています。

 

f:id:hanarian:20170324154628j:plain

 

キバナセツブンソウが1本だけ咲きそうです。

 

f:id:hanarian:20170324154818j:plain

 

何本かあったはずなのに今年は1本だけ
球根類ってどこに植えたか忘れるので
間違えて私が掘り返してしまったのか?
絶えてしまったのか?
そういえばスノードロップも植えておいたのに
今年は見えない?

 

 

蓼科のバラクライングリッシュガーデンへ

 

先週長野県民入場無料日があったので行って見ました。
まだ雪があって寒いので花は少ししかありませんが
花のたくさん咲く時期には忙しくて見に行けないので行ってみました。
 
f:id:hanarian:20170324160238j:plain
入口の陽だまりに早咲きのプリムラが咲いていました。
まるで「のばら村四季物語」に出てくる絵にそっくりでかわいいです!

 

f:id:hanarian:20170324160828j:plain

 

八重咲のスノードロップですが
近寄れないので下から映すことはできませんでした。

 

f:id:hanarian:20170324161137j:plain

 

本来スノードロップはこんな感じの広葉樹林の下に生えている花だと思います。
暑さと乾燥に弱いので信州には向いている

 

f:id:hanarian:20170324161511j:plain

 

スノーフレークかわいいです!
小さい水色の花はアイリス
寒くてもこんなに早く咲くアイリスがあるんですね!

 

f:id:hanarian:20170324161825j:plain

 

キバナセツブンソウかわいいです。
植えた場所を忘れないようにしなくては(自分の反省)
 

f:id:hanarian:20170324162217j:plain

 

まだ雪があるのにクリスマスローズ(ニゲラという種類)がこんなに咲いていました!
 

f:id:hanarian:20170324162724j:plain

 

こんなに寒くても早く咲くクリスマスローズがあったのね!

 

f:id:hanarian:20170324163230j:plain

 

バラの咲く時期に来て見たいです!
暇を作らなくては。

 

f:id:hanarian:20170324163414j:plain

 

こちら側から見る八ヶ岳は形が全く違うので
毎日見ている同じ山と思えません。

 

4、着物の美しさ

 

娘達の成人式の着物を見てから
着物の美しさに惹かれます。
柄に芸術を感じるのです。

 

柄が花や蝶など、自然が素になっているので
四季折々の自然も感じることができるのです。

 

私がこの地に嫁に来る時
母が着物を何枚か持たせてくれました。
今はもう着れない柄ですが
一度も着てないのでもったいないので
今冬は着付けを習い着てみました。
花と蝶の柄でした!
帯も蝶の柄でした!

 

着付け教室の最後にみんなで着物を着て食事会に行きました。
やっと母からの着物に袖を通すことができました。

 

 去年金沢に行った時
若い子達が着物を着て歩いていました。
とてもかわいいと思いました。
 

 

f:id:hanarian:20170324180943j:plain

 

娘達の大学の卒業式無事終えました。
娘に袴の着付け出来ました!(写真は関係ない方達の後ろ姿です)
雨の中だったので
みんなの姿をきれいに写すことができませんでした。
私も着物を着たいと思っていましたが雨の為やめました。
保護者で着物を着ていた方は1名しか見えませんでした。

 

着物は帯など色の組み合わせが面白く
見ていても楽しいです。 
 
今は洗える安い着物を売っているので
気軽に手に入るようになりました。
 
来年はピアノの発表会に着物を着て出ようかな!
着物は日本の美です。
和柄を見ると心が落ち着くような気がします。 

 

 
 
 
 
 

 

 

フクジュソウ咲く、春の兆し

まだまだ寒い信州ですが
今日は日差しに春を感じました。
裏山にはもうフクジュソウが咲いていました。
庭にはクロッカスなどの球根類の芽が出ています。
 
目次
1、フクジュソウの種類
2、オオイヌノフグリイヌノフグリ
3、ネコヤナギも膨らむ
3、心にしみるヘンデルの曲
4、私のブログについて

 

 

f:id:hanarian:20170303194150j:plain

 

最近朝の冷え込みが少し緩くなったかなと感じるようになりました。
少しずつ地温が上がっているのを植物達は感じ取るのでしょうか
いつの間にか裏山ではフクジュソウが咲いていました。

 

f:id:hanarian:20170304165539j:plain

 

 寒くてもハエがいました。
花の中で暖を取っています。

 

f:id:hanarian:20170303194746j:plain

 

葉がまだこんなに小さいです。
わが村の春の妖精はフクジュソウから始まります。
故郷のフクジュソウ咲く雑木林も懐かしく思い出されます。

 

f:id:hanarian:20170303194944j:plain

1、フクジュソウの種類

 

ここのフクジュソウは萼片が花びらよりちょっと短い
故郷のフクジュソウも同じ種類だった
フクジュソウ」日本固有種
分布 北海道、本州、四国、九州
花言葉 「幸せを招く」「永久の幸福」「悲しき思い出」
 
日本には4種類のフクジュソウがあるという(近年分けられた)

 

*「フクジュソウ」萼片が花びらよりやや短いか同じ、葉の裏の毛わずかか無毛、茎の断面は中が詰まっている。分布ー北海道から九州
 
*「ミチノクフクジュソウ」萼片が花びらより短く、茎が中空、分布ー東北から九州、朝鮮半島、中国
 
*「キタミフクジュソウ」萼片が花びらと同じかやや長い、1茎に1花、葉の裏に毛、分布ー北海道、サハリン、シベリア東部

 

*「シコクフクジュソウ」萼片が花びらと同じかやや短い、葉の裏が無毛、茎が中空、分布ー四国、九州
 
各地のいろいろなフクジュソウを見るのも面白い(皆様のブログで)

 

 

 

2、オオイヌノフグリイヌノフグリ

f:id:hanarian:20170303200112j:plain

 

 日当たりの良い斜面にオオイヌノフグリがわずか咲いていました。
ピンボケですが
寒いのできれいに咲いたのはありませんでした。
 
ユーラシア、アフリカ原産の二年草
花言葉「神聖」「清らか」

 

別名、瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳
絶対「星の瞳」の方がぴったりの名前だと思います。
オオイヌノフグリという名前はひどすぎます!
 

 

 

 

f:id:hanarian:20170304124649j:plain

 

これは日本原産のイヌノフグリ
見過ごしてしまいそうな小さくて地味な色です。
こちらではオオイヌノフグリと混生しています。
ピンク色のかわいい花が咲きます。
かつては中部地方以西に広く分布していたそうですが
「今では山間部にしかない珍品になりつつある」と図鑑に書いてありました。

 

 

 

3、ネコヤナギも膨らむ 
 f:id:hanarian:20170304125340j:plain
 河原にネコヤナギがもう膨らんでいました。
寒い場所でも春を感じさせてくれる、ねこのしっぽのようにかわいい
花は毛の間から咲いてくるので、寒さ予防の毛かな

 

ネコヤナギ 
別名「タニガワヤナギ」 
落葉低木 雌雄別株 
雄花と雌花の違い見る事ができればいいのですが。
分布 北海道、本州、四国、九州、ウスリー、朝鮮半島、中国北東部
花言葉「思いのまま」「努力が報われる」「親切」「率直」

 

 
 
4、心にしみるヘンデルの曲
 
そろそろバッハの曲に飽きてきたので
何かいい曲がないかなと
昔買ったCDを聞いてみました。
 
ヘンデルの曲がなかなか心にしみるのです。
バッハは音楽の父、ヘンデルは音楽の母(女ではありませんが)と呼ばれている
ヘンデルは他国で音楽の視野を広げ、社交的で気配りの効く母のような存在だったからではないかと、
ちなみに私はキリスト教ではありません無宗教です。
バッハの曲を弾いていたのは
ピアノ先生に勧められたからです。
ピアノの基礎が無く、弾きたい曲だけをひたすら練習してきた私に
バッハを練習すればタッチがハッキリ弾けるようになると言われたのです。
 
確かにバッハを弾いていたら
ヘンデルの楽譜を見ても違和感なく弾ける
クラヴィーァ組曲第5番ホ長調 (有名な調子の良い鍛冶屋の曲が入ってる組曲
1と2がとても気に入ってしまいました。
 
ヘンデルは歌曲が多く
なかなかいい曲ばかりでジーンときます。
中でも「私を泣かせて下さい」はしっとりきます。

Hayley Westenra. Lascia Ch'io Pianga Live 私を泣かせてください
歌詞の訳
 「どうか泣くのをお許し下さい
この過酷な運命に
どうか自由にあこがれることをお許し下さい
我が悲しみは打ち続く受難に鎖されたまま
憐れみさえも受け入れない」
 
 歌っているのはニュジーランド出身のヘイリー、美しいですね!
私もこんなに美しければ、きっと違う人生を送っていたことでしょう。
 
 
オンブラマイフという曲もなかなかいい曲です。
歌曲ですがシンフォニーもなかなか良いです
美しい景色が出てきます
草原で聴きたいような曲です。 

Handel: Serse / Act 1 - Largo: 'Ombra mai fu' - London Symphony Orchestra
オンブラマイフの歌詞 
「木陰で今までで一度もなかった
これほど愛おしくて優しくて、快いものは」
  
ここは冬の暮らしが寒さ厳しくつらいので
音楽の輝きが心にしみる
 
そろそろ鉢植えの植物買っても凍らないかな
せめて室内で植物が育てられたらどんなに楽しいか
今月はまだ庭仕事も畑仕事も土が凍っているのでできません。
日々楽しみを見つけポジティブになることは冬はとてもたいへんです。
 
先週は胃の不調と左足の坐骨神経痛で外を歩くのを止めました。
従って野鳥撮影はお休み。
春までに坐骨神経痛を治さなくては
実は去年からの農作業の疲れが治っていないのです。
温泉や鍼灸や整体、トレーニングジム通いが続いています。
だんだん年を取ってきたので体の回復に時間がかかります。
 
 
 5、私のブログについて

 

私のブログは最初はストレス発散の為に始めたブログでした。
今はポジティブになり、夢を実現する為のブログと思っております。
いつか心が安定したらブログは辞めようと思います。
そんな日が早く来ればいいなと思います。

 

ブログをやっていらっしゃる方は皆ポジティブな方ばかりなので
いろいろな事を教わることができます。
そしてブログでいろいろな方々を知ることができます、

 

しかしパソコンやブログの内容の使い方がまだよくわからず
使いこなせていません
特にブックマークの使い方がまだわからず使っていません。
ですからブックマークにコメントいただいた方には
コメントのお返しもブックマークのお返しもできませんのでご理解お願いします。

 

 アクセスが少なくても気にせずに
自分の思いのままに自分中心の偏見に満ちたブログでも
感動を共有できたりする方が少しでもいればそれでいいと今は思っています。

 

ブログを作ることは現実に満足してないからかなと思ったりします。
ブログも一種の芸術のような気がします。
出来ればブログを作らずネットに依存しないで生きてみたいものです。
いつかネットに依存しない充実した生活を送るのが夢。