nature beauty

四季折々の自然の美しさや生命の輝きを見つめるフォトエッセイ

雨の日の紅葉

昨日から雨が降り続いております。

静かな降りなのでまだ井戸水の回復はしておりません。

 

今紅葉がとてもきれいになったのですが

この雨でだめになるでしょう。

 

f:id:hanarian:20171016194912j:plain

 

八ヶ岳川俣渓谷の紅葉

 

f:id:hanarian:20171016195019j:plain

 

針葉樹と広葉樹のハーモニー

 

f:id:hanarian:20171016195154j:plain

 

我が村の紅葉

カラマツ林が多い我が村で

この広葉樹の森がひときわ目立ちます。

 

f:id:hanarian:20171016195600j:plain

 

山の下の方はカラマツ林

上の方に黄色の広葉樹が多い

赤く見えるの山ぶどうがからみついていると思われます。

 

f:id:hanarian:20171016201043j:plain

 

こんな感じにカラマツに山ぶどうがからみついているのをよく見かけます。

実を取りたくても高い所に生るので無理です。

 

f:id:hanarian:20171016201328j:plain

 

ダンコウバイの黄色はとてもかわいい

 

f:id:hanarian:20171016201426j:plain

 

ウルシの葉は色々な色に変わるのですね。

 

f:id:hanarian:20171016201647j:plain

 

畑に行く途中いろいろな色にひかれます。

あの鮮やか色は何の木なのか?

 

f:id:hanarian:20171016201853j:plain

 

これも何の木なのか

近くに行きたくても行くことができません。

 

f:id:hanarian:20171016202052j:plain

 

この木は近くで見てもわからない? 

春の花を見ればわかるのに

秋になるとわからなくなる

 

 

昨日レタスの出荷を終えました。

干ばつでしたが最後は雨と高温で大きくなりすぎて困りました。

今日から朝まで寝られる幸せをかみしめております。

しかしレタスが終わっても困るのは夜中に何度も目が覚める事

夜は早く眠くなることです。

まだ白菜の出荷が今月いっぱい続きます。

 

 

 

紅葉状況

高原は紅葉が進んでいます。

標高1200mの紅葉の状況です。

 

f:id:hanarian:20171007192230j:plain

 

毎年この斜面はいち早く紅葉を楽しませてくれます。

何年か前カラマツを伐採した山の斜面です。

緑豊かな日本は山の木を伐採すればすぐにいろいろな木や草が生えてきます。

 

f:id:hanarian:20171007192417j:plain

 

白っぽいのはススキ

赤いのはヌルデや桜

白樺があると美しさが際立ちます。

カラマツを植える前はこんなカラフルな森だったのかもしれません。

こんなに山が明るいと色々な生き物達が豊かに暮らせます。

古い木も大事ですが

木は若い方が二酸化炭素の吸収量が高いそうです。

植林した山は特に世代交代が必要ですね。

洪水を防ぐためにも森作りはとても大事

皆さんに関心を持ってもらいたい

 

現在森林組合が我が村の植林した山を管理してくれています。

 

f:id:hanarian:20171007193200j:plain

 

目の前の高い山を望遠レンズでアップにするとこんな感じです。

2000mに近い山です。

広葉樹が広がって見えるので原生林と思われます。

 

こちらは今年も雨が降らない

けれど川の水が絶えることなく流れてきてくれるのは

この豊かな森が上流にあるおかげです。

森に感謝です。

 

f:id:hanarian:20171007193613j:plain

 

崖の斜面でリュウノウギクが咲いています。

葉をもむと懐かしいような匂いがしました。

 

f:id:hanarian:20171007193751j:plain

 

道端のノコンギクには見とれます。

ムラサキの色の濃さが場所により微妙に違います。

花が反り返ってきたのでそろそろ終盤です。

 

f:id:hanarian:20171007194143j:plain

 

我が庭のシオンの花が二年目にて咲きました。

キタテハが4頭も止まっていました!

蝶の数え方一般的には匹とか羽ですが、専門的には頭だそうです。

 

f:id:hanarian:20171007194754j:plain

 

午後お天気の良さと暖かさで蝶達が一斉に舞いだしました。

ベニシジミが宿根アスターにみつばちと

 

f:id:hanarian:20171007195117j:plain

 

ウラナミシジミは黄色のマツムシソウがお気に入りのようです。

 

f:id:hanarian:20171007195238j:plain

 

キタキチョウは咲き残りのオミナエシ

 

f:id:hanarian:20171007195350j:plain

 

キタテハはラズベリーもお好き

 

f:id:hanarian:20171007195506j:plain

 

ミツバチが急に増えた気がします。

スズメバチがいなくなったせいかな

宿根アスターがお気に入りの様子

来年はもっといろいろな宿根アスターを植えたいと思います。

蝶やハチ達がお気に入りの様子なので

 

f:id:hanarian:20171007195917j:plain

 

道端の野バラの実が美しくなってきました。

秋の木の実をいろいろ楽しみたい

けど暇がない(:_;)

 

忙しい夏はあっと言う間に終わってしまいました。

今年も干ばつで農業用の井戸水が枯れたまま

8月のお盆頃の長雨で井戸水は一時回復しましたが

9月にはまた枯れました。

夕べから今朝にかけてやっと音をたてて恵みの雨が降ってくれました。

しかしまだ井戸水の回復はしてません。

 

今年の野菜は水不足の為固く締まった感じがします。

その上もう霜が3回降りました。

レタスが霜に焼けてしまいました。

信州産のレタスは頭が茶色に変色していますが霜にやけて変色しただけです。

見た目は悪いですが、寒さに当たると野菜は甘味が増して美味しさが増します。

ご容赦願います。

 

暑くなったり寒くなったり温度変化が激しい日々です。

 

あと1週間レタスの出荷は続きます。

白菜の出荷もしているので、10月いっぱいはまだ忙しさが続きます。